~  【男性の悩み解決!】 ワキ汗対策  ミラドライ体験記公開中  ~

大阪~名古屋の最適移動手段【近鉄特急ひのとり】新幹線・高速バスと徹底比較

こんにちは。転勤族ブロガーのたろさです。今回は話題の「特急ひのとり」に乗車してきました。

結論をいってしまえば
大阪~名古屋 移動手段ならこの特急ひのとりで決まりです。

転勤族で新幹線に乗りまくっているたろさが
実際に乗ってみた感想を写真付きで紹介します。

こんな人向けの記事です
  • 大阪~名古屋間を安くいきたい
  • 安いけど深夜バスは苦手
  • 移動中にノートPCで作業したい
たろさ

サラリーマンだけでなく
家族旅行でも最適です

今回は特急火の鳥を紹介します。

スピード・値段
新幹線>特急ひのとり>深夜バス

「特急ひのとり」とは?
  • 新幹線より安い
  • 大阪~名古屋移動で最強
  • 快適空間で旅行にも◎
快適すぎた
目次

大阪~名古屋はコレできまり

大阪から名古屋移動したい人は
特急ひのとりがおすすめです。

理由は新幹線より安く、
当日に窓口でも購入できて利便性も◎です!

圧倒的なコスパの良さ
快適空間で旅が楽しくなります。

新幹線・深夜バスとの比較

大阪~名古屋

スクロールできます
項目料金所要時間(約)使い勝手
新幹線(のぞみ)6,680円(指定席)50分
スマートEX
新幹線(ぷらっとこだま)4,500円(指定席)1時間×
事前予約
特急ひのとり4,340円(普通席)2時間
窓口購入可
高速・深夜バス(ニュースター号)2,400円(※変動あり)3時間
新幹線・ひのとり・バス比較表

時間は2倍以上かかりますが値段は安いです。

新幹線のぷらっとこだまと料金は近いですが
座席の快適さが全く違いました。

また、ぷらっとこだまは事前予約制のため
特急ひのとりの方が使い勝手が良いです。

特急ひのとり
時間に余裕がある人におすすめ

路線図を確認

路線図をみると分かりますが
大阪難波から近鉄名古屋までいけます。

三重県に行く時も使えますね。

たろさ

運行区間はしっかり把握しておきましょう!


大阪~名古屋の旅【レビュー】

外見はカッコイイ!

今回は大阪府鶴橋駅から出発!

外装は新しいだけありかなりカッコイイですね。

男性は好きな人おおいですよ。

さっそく乗り込んでいきましょう。

車両内の様子

窓が大きめ

第一印象はが大きい

かなり解放感があります。

ちょっと曇っていましたが・・・

天気によっては
まぶしい日もあるかもしれません。( ;∀;)笑

レギュラーシートの様子

シートはグリーン車のように4列シートでした。

車両内の様子【共有部分】

廊下の様子

共有部分もかなりキレイでした。

ベンチエリアはどこにあるかわかりませんでした…⚡笑

洗面化粧台の様子

洗面台は広く確保されているため
女性は嬉しいポイントですね。

レギュラーシート【グリーン車っぽい】

良かった点
悪かった点
  • 足置きがある
  • テーブルが手前に可動
  • 座席の可動域が小さい
  • PCが置きにくい

さあ!

早速座ってみましょう。

感想はグリーン車っぽい」

たろさ

高級感はあるよね!
ひかりの指定席よりひろいよ!

足置き台(可動式)

足置き場がありました。
これはグリーン車っぽい嬉しいポイントです。

やはり足置きがあるとかなり楽ですよね。

収納できるサイドテーブル

収納できるサイドテーブルがもあります。

ちょっと飲み物を置くにはちょうど良いです。

席に座ると・・・

座席は思ったより倒せませんでした。

可動域は期待していたよりありません。

たろさ

座席は思うように
たおせない・・・

テーブルは嬉しい稼働

テーブルは嬉しい手前にスライドする可動式でしたが・・・

14インチノートパソコンを置く

なんか、ノートパソコンの大きさに合ってないような?

気になる人は、絶対気になります。

たろさ

テーブルはなんか分厚い?

スーツやコートを掛けれる場所もありました。

さいごに

いかがでしょうか。

特急ひのとりは新しい車両のため
これから乗りたいひとも多いと思います。

出張するサラリーマンの視点でしたが
ぜひ参考にしてください。

ではまた!

Googleアドセンス広告

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

多汗症に悩み続けた学生時代
数々の対策を試した結果
多くの解決方法を発見!
その秘術をブログで発信中!

○ミラドライ2回目

コメント

コメントする

目次
閉じる